*

好きじゃない人と付き合うのってアリ?

   

好きじゃない人と付き合うのってアリ?

学校や職場の人、異性や同性の友達、恋人、さらには近所の人たちに知り合い程度の人まで…。

日常生活を送る中で、自分はそうでもないのに相手になぜか好かれるということが稀にあります。

特に恋人関係のことだと、相手から押しに押されて混乱してしまうこともあるかも知れません。

自分が好きじゃない相手に好かれた場合、付き合うのはアリかナシか!?

色々な考え方をまとめてみました!


友達としてはどうなのか?

付き合うかどうかの大きな判断基準として「一緒にいて楽しいかどうか?居心地が良いかどうか?」という点が挙げられます。

「付き合う相手として好きじゃない」とは言え、友達として一緒にいて楽しいと思えるのであれば一度付き合ってみるのもアリかも知れません。

少なくとも相手に人間として好意を抱いている以上、深く付き合ううちに恋人として好きになる可能性もあるからです。

真面目な人ほど「そんなの相手に悪いし…」そう思う方もいるでしょうが、「嫌」という感情がないなら真剣に相手と向き合う努力をしてみるのはいかがでしょうか。

自分の気持ちの変化を考えてみる

自分の気持ちの変化を考えてみる

最初は好きじゃなかったとしても、相手に思いを伝えられてから徐々に意識し出すというパターン。

そんな方も少なくありません。

今までも一目ぼれや直感ではなく、徐々に相手を知って好きになってきた、そんな方はもしかすると今回もそうなる可能性がありますよね。

付き合ううちにどんどん相手を好きになっていく、このパターンの方もアリでしょう。

一目惚れしやすく最初に盛り上がりやすい方は、今好きじゃない相手と付き合っても楽しいと思えず、すぐ別れるという結果になってしまうことが心配です。

自分からアプローチしたいと思える相手以外とは付き合わない方がいいでしょう。


自分と相手の相性は?

付き合う相手に求めるもの、それは人それぞれ違います。

自分の中で許せる部分、許せない部分があることでしょう。

この人と付き合ってもいいの?そう思ったら、まずは相手の性格や行動を思い浮かべてみて下さい。

学校での様子、職場での働きっぷり、日々の言動…。

あまりにも自分とかけ離れてはいないでしょうか?

現段階で好きじゃなくて、さらにどう考えても嫌なところがある。

そういう相手とお付き合いするのは「ナシ」ですよ。

相手をよく知らないなら、周りの評判、特に相手と同性の人からの意見を聞いてみるのも情報収集として役立ちます。

付き合った後を想像してみよう

付き合った後を想像してみよう

今好きじゃない人と付き合うのはアリかナシか?

それを判断するのは難しいものです。

ですから、付き合った後の2人を想像してみてください。

2人で食事をしたり、遊園地や動物園に遊びに行ったり…。

デートの様子の他にも、家で一緒に映画を見る、食事をするといった日常的なシーンを思い浮かべ、何となくそれも悪くないなと思えるのであれば、思い切って付き合うのもアリです。

逆に全く想像できない、むしろ違和感すら覚える、生理的に受け付けない。

当然ながらそう思う相手と付き合ってもいいことはありません。

今好きじゃなかったとしても、楽しさを感じられる相手や、将来を見越して考えた上でならお付き合いしてみても良いかも知れません。

例えば、経済的に安定していたり将来苦労しない生活ができる相手であれば、じっくりと考えて友達から始めてみるのも悪くはありませんよね。


イベントには流されない

イベントには流されない

クリスマスやバレンタイン、お花見に夏にはプールと海。

パートナーがいない人にとって、こういったカップルの楽しいイベント事は恋人が欲しいと感じる瞬間ですよね。

しかし、こういったイベントの雰囲気に流されてはいけません。

真剣に考えた末の事であれば気持ちも徐々に盛り上がっていくでしょう。

しかし好きでもない人とその場の雰囲気で付き合い始めたとしても、中々そう上手くは行かないものです。

焦って恋人を作るのは自分のためにも良くないことだと自覚しておきましょう。

まとめ

自分は好きじゃないけど、相手は好きだって言ってくれる。

そういった理由で付き合い始めるのも悪いことではありません。

思いがけぬいいところを知って好きになることもあります。

しかし、それは基本的に相手に好意を持っている場合のみです。

今好きじゃなくて嫌なところがある相手だと、深く知る前に別れたい気持ちの方が膨らんでしまうかも…。

自分が相手に対して本当はどんな気持ちを抱いているのか、付き合うことを決める前にじっくり考えてみてくださいね。

今は好きという気持ちがなくても、「友達から始めてみたらいつの間にか好きになっていた」という事も少なくはありません。

例えばお見合いパーティーとかでもそうですよね。

自分はそこまで気がなくても、相手の熱意で気持ちに変化が出ることだってあります。

逆に、好きな気持ちが大きいと冷静に相手の事が見えなくなる場合もあり、マイナスになることもあります。

冷静にじっくり相手の事を見て行くためにも、友達からはじめてみるのも良いかもしれませんね。




  関連記事