*

既読スルーされまくり?ラインで好きな人から返信してもらいやすいペースとは?

      2016/08/05

既読スルーされまくり?ラインで好きな人から返信してもらいやすいペースとは?

今やスマホを持っている人であれば、ラインでコミュニケーションを取ることは当たり前となってきました。スムーズにやり取りすることができるので、メールよりも使い勝手がよく、何より早い返信を求めている若い世代を中心に人気があるのです。

しかし、一方で問題になってしまうケースも後を絶ちません。

特に既読機能は、「読んでいるハズなのに返信がない」「無視されてる?」「どうして返事をくれないの?」といった感情を引き出しやすく、人間関係のトラブルにまで発展してしまう厄介な機能です。

今回は、好きな人からラインの返信をしてもらいやすいようにするにはどうしたらいいのか?について考えてみたいと思います。




気遣う形の質問を投げかける

メールや手紙の場合にも同じですが、質問で文章を終えると相手は返信しやすい…というテクニックがあります。これはありきたりですが、いくら返信が欲しいからといって質問攻めだけではいけません。

あまりにも質問が多いと、好感を持ってもらうことができなくなる危険性もあります。目的がない質問は、ただの尋問にしか過ぎず、逆に警戒心を抱いてしまうこともありますよね。

そうではなく、相手を気遣う言葉と絡めて質問を添えるようにしましょう。

例えば、「気温の差が激しくなってきたけど、体調を崩してない?」「今日は本当にお疲れ様!忙しくなくなったら、ゴハン一緒に行こうね!」などなど。

相手に関心があることを含みつつ、約束や今の状況などを聞き出すようにすると効果的です。

ラインの良いところは、短文で気軽に送ることができるスタイルではないでしょうか。長々と気遣う内容ばかり続かないように、気をつけましょう。

また無視!?女の子がラインで既読スルーする本当の理由はこれしかない!

好きな人からの返信

好きな人からの返信

ペースをつかむに当たって当たり前のことですが、ラインをするタイミングは人それぞれです。

もしかすると、スマホを見るタイミングに関してもみんな同じと思い込んではいませんか。ラインの返信だって、既読がついたからといってすぐに返信する人だとは限りません。

すぐの返信は嬉しいかもしれませんが、相手の「すぐに返信」は5分後かもしれませんし、10分後かもしれません。

あるいは、落ち着いて返信の時間を取るために、1時間後に返信する…という人もいます。

生活リズムも大きく関わってくることです。仕事が終わったからといって、車で帰宅するのであればスマホを操作しながら運転することができません。

もしかしたら、帰宅したらほとんどスマホに触れない人もいるでしょう。

ラインだけでなく、普段の会話の中で相手が一体どんなタイミングでラインを使用しているのかを確認する必要もあります。

「今の時間ならラインを見てくれるかも」という狙いを定めることができれば、既読から返信まで早くアクションを起こしてもらう確率が高くなってくるのではないでしょうか。




好きな人の6つの態度から相手の本音を探ってみよう!

再び送る際には時間ではなく期間を空けること

どうしても、返信がもらえない…。

丸一日どころか、数日経っても返信が来ない…。

先にも述べましたように、ラインはスピード性のあるコミュニケーションですから、一日も返信がないととても悲しくなってしまいますよね。

既読スルーを通り越して、とても悲しい気持ちになってしまいます。

それでも、「あきらめたくない」「返信が欲しい」「もう一度送ってみたい…」というような気持ちになってしまうものです。

そこで気をつけたいのは、同じ内容を再び送る際に時間を空けるのではなく時期を空けるということです。数日後に同じ内容を送ったとしても、再び既読スルーされてしまう可能性が高くなります。

そうではなく、10日や2週間、がんばって1ヶ月は期間を置きましょう。

「忘れられてしまうかも」「そんなに期間を空けると今さら感が…」と心配になってしまいますよね。

スピード重視なラインだからこそ、これくらいの期間を空けることによって逆に印象づけることができるのです。

内容はそのまま前回と同じ内容を…というよりも、一番最初に取り上げた質問形式の文章を送ってみると、返信をもらうことができる確率が上がって、そこからまた繋がりが持てるようになるのではないでしょうか。

突然どうして…?女性がラインで相手をブロックする心理とは?




まとめ

ラインはとても便利な反面、既読が付いているにも関わらず返信がないと心を騒がせてしまうというデメリットがあります。

  • 既読は読んだというサインであること。
  • 返信のタイミングは人それぞれであること。
  • 相手にも生活リズムがあるということ。

これらを常に意識してラインを使うことになれば、そもそも既読スルーされたからといって、落ち込んだり悲しんだりすることはありません。

ラインの既読スルーに振り回されるのではなく、その向こう側にいるリアルな相手のことを考えたコミュニケーションを図るように心がけましょう。

既読スルーを回避するテクニックだけが全てではないことを、頭に入れておいてくださいね。

ラインで既読がつかないんだけど…もしかしてブロックかも?あえて未読スルーにしている理由は?

これで行け!好きな人を振り向かせたい時にすること5選







  関連記事