*

失恋して喪失感しかない…心が満たされない時、立ち直るためにすべきこと4選

      2016/08/22

失恋して喪失感しかない…心が満たされない時、立ち直るためにすべきこと4選

失恋から立ち直るというのは、難しいものです。

その恋愛に入れ込めば入れ込むほどに、失恋をしてしまったら、まるで世界の終りかのような感覚になります。

そして思うのです。

「何をしても心が満たされない…」

「これが虚無感というやつか…」

今回は、失恋して心が満たされないときに、これから立ち直るためにすべきことを紹介していきます!

安心して下さい、辛いのは最初だけですので、あなたも必ず立ち直ることができます。新しい一歩を踏み出すために参考にしてみて下さい。




心が満たされない理由を知る

心が満たされない理由を知る

心が満たされない理由は、承認の欲求が満たされていないからであると分析できます。

心理学者のアブラハム・マズローの考えた、マズローの5段階欲求説というものがあります。これによると、人間には5段階の欲求があるとされています。

  1. 生理的欲求
  2. 安全の欲求
  3. 所属の欲求
  4. 承認の欲求
  5. 自己実現の欲求

以上の5つがあり、下位の欲求が満たされない限り、さらに上位の欲求が満たされないとするものです。

例えば、4の承認の欲求ですが、これは他人から認められたいというような欲求なのですが、この欲求が満たされない限り、自分らしく生きていきたいという5の自己実現の欲求というものは満たされないのです。

失恋とは、パートナーから無償で提供されていた承認欲求がなくなることです。

パートナーがくれる承認欲求に強く依存をしていると、失恋後に心が満たされなく可能性が非常に高くなります。少し難しいですが、心が満たされない理由はこのようなメカニズムとなっています。




自己承認をする

自己承認をする

ここからは、心を満たす方法です。

まずは自己承認をすることで、承認欲求を満たすというものがあります。自己承認というのは、例えば、朝に時間どおりに起きることができたら、「時間通りにきちんと起きることができた、私、凄い!」と声に出して自分の行動を褒めるようなことです。

自分の何気ない行動、一つ一つをきちんと褒めて認めることで、今まで他人に依存していた承認欲求を自分で満たすことが出来るようになるのです。

承認欲求が満たされてしまえば、その上位にある自己実現の欲求を満たすことの方が忙しくなります。

つまり、「自分らしく生きるためにはどうすればいいのだろう」と考えることが忙しくなるので、失恋によって心にぽっかりと空いた穴を忘れることが出来るようになります。

失恋したら参考にしたい名言と立ち直る方法

趣味、没頭できることを見つける

趣味、没頭できることを見つける

失恋によって心が満たされないときに、「相手が誰でもいいから恋愛したい」と考えるのは喪失感をさらに強める結果になります。

つまり、承認欲求を満たしてくれる相手を探しているだけなのですから、承認欲求が満たされてしまうと、相手に対して不満を抱くようになり、再び失恋して喪失感に悩むという悪循環に陥る可能性があります。

これはまさに恋愛依存症ともいえますね。

そこで、恋愛はいったんお休みをして、没頭できる趣味を探すというのがお勧めです。趣味というと大げさかもしれませんが、自分が時間を忘れてしまうぐらい熱中できる何かを探すということです。

恋愛だけが承認欲求を満たすものという価値観を崩すことができますので、失恋中には趣味を作るといいのです。

そこで見つけた趣味により、一生が大きく変わるというケースだって否定することができません。

1日でも早く失恋の傷を癒すには、何か集中できることを探すことです。何もしていないと、いつまでも失恋のことばかりを考えてしまうものです。

友人とランチに行くことでもいいですし、ショッピングでもいいかと思いますが、次の恋愛へ向けて気持ちをスッキリするようにしましょう。

さっそく次の恋愛に向けて、新たな出会いを探すのもおすすめです。




他人に親切にする

他人に親切にする

自己承認をして心を満たしても、実は8割までしか満たされないとされています。

残りの2割を満たすためには、どうしても他人からの承認しかありません。

そこで、簡単に他人から承認を受けることができるのが「ちょっとした親切」です。ちょっとした親切をすることで、喪失感を埋めることができるかもしれませんね。

なんでもいいのですが、「他人に良いことをする」と、とても気分が良くなります。「ありがとう」と言ってもらえるだけで、幸せな気分になるのです。今までは気付かなかった小さな幸せに気付けるチャンスかもしれません。

「自分が幸せになる」ということを考えるよりも、「人のために何かをする」ということの方が、実は一番幸福感を感じることにつながるのです。

失恋していつまでもクヨクヨとした気持ちでは次の恋愛にも進めませんよね。ですので、とにかく何かに没頭するようにしてみるのもいいかもしれません。

一度振られたら諦めちゃう?好きな人へ二度目のアプローチや告白の仕方

まとめ

いかがだったでしょうか。

心が満たされない理由を、承認欲求の欠如という視点で今回は紹介をしてきました。

恋愛に依存しすぎることで、自分で承認欲求を満たすことが出来なくなり、心に大きな喪失感を生むことに繋がるのです。

失恋中はネガティブな言葉しか出てこないと思いますが、自分で自分を褒めて承認欲求を満たしていくことで、他人に依存するような恋愛からも脱出することが出来ます。

依存するような恋愛はあまり良くありません。恋愛をすることで本来の自分を見失っている可能性もありますので、せっかくあいた隙間時間、有効に使い、自分磨きに励むというのがベストかもしれません。

案外、女性は立ち直りが早いのですが、男性の場合はいつまでも忘れられず、何年も心に残ってしまう人が多くいます。

より良い恋愛をするには気持ちをサッパリとすることが大切ですので、趣味などなんでもいいのでキレイサッパリ忘れるようにすることをオススメします。

何だかんだ言っても、「次に好きな人を見つける」ことが、喪失感から立ち直るのに一番手っ取り早いかもしれませんけどね。笑

Facebookで恋活・婚活【pairs】

 

彼氏彼女に振られた…そんな時に失恋から立ち直る方法

落ち込んでる場合じゃない!告白して振られた後にすること3選

 




  関連記事