*

勘違いしてない?好き避けと嫌い避けを見分けるポイント8選

   

勘違いしてない?好き避けと嫌い避けを見分けるポイント8選

好きな人に避けられたらショックですよね。でも実はどんな気持ちで避けているかということが重要です。

そこが見抜けないと、勘違いしてせっかくのチャンスを逃してしまったり、逆にますます嫌われることにもなってしまいます。

そこで好き避けと嫌い避けの違い、見分け方などについて考えてみましょう。




頼み事をしてみよう

頼み事はもともと面倒なものですが、気持ちのない人から頼まれたときには、あまり良い反応はできないものです。

しかし好意のある人からの頼みは、ついひとつ返事でやってしまうところがあります。人は好きな人には何かしてあげたいと思うものなので、むしろ喜んでやってくれるかもしれません。

その心理を利用して、避けているようにも感じる相手に、ちょっと頼み事をしてみましょう。それで相手の好き避けか嫌い避けかが見分けられます。

男性の嫉妬心を試してみよう

男性の嫉妬心を試してみよう

男性にはとくに嫉妬心があるものです。それは男性の本能として「独占欲」があるからです。

そこで気になる男性の前で他の男性と仲良く話をしてみましょう。

その後で態度が冷たくなったら、女性に好意を持っていたことになります。逆に特に変化がなければ、特別な気持ちがないということが分かるのです。

もしその男性になんとなく普段から避けられているように感じていたら、これをまず試してみましょう。

冷たい態度になれば好き避けということになり、態度に変化がなければ逆に嫌い避けということになりそうです。

諦めたくない…彼女がいる男性に手を出して略奪愛する方法




女性は目線でチェック

女性の気持ちを知りたいときには、まず会話をしたときにを見てみましょう。

目を避けるようならとても好きか、好きでないということのどちらかです。

また自分が話しているときに、女性の目線がどこにあるかが重要です。好き避けをしている女性は、男性が話しているときに目をそらしません。

女性は好きでも恥ずかしくて目をそらすことがあるので、男性は自分が話しているときに女性から目を少し離しておきましょう。

そうすることでもし男性のことを好きなら、女性は恥ずかしがらずに目を見ることができます。男性は話しながら女性の目がどこに向いているかを、なにげなくチェックすると女性の気持ちがはっきり分かるはずです。

叶わない片思い…でも、諦めるのはまだ早い!彼氏がいる女性を略奪愛する方法

女性は表情がすべて

女性はやはりとても表情で相手に何かを訴えることが多いようです。そのため目が合ったときなど、嫌い避けの場合は表情のどこかに「これ以上見ないで!」オーラが出て、とても強い目つきになります。

逆に恥ずかしくて目をそらすときには、どこか柔らかさのある表情をするのです。

この表情さえ読めればこの先アタックすべきか、それとも見ないようにしてこれ以上嫌われないようにするか自覚できるようになります。

冷静になればイケる!高嶺の花の女性を落とす方法とは?

会話中の腕組み

会話をしているときに、相手が腕組みをしていたら嫌い避けをされている可能性があります。

相手を受け入れないという態度が腕組みなのです。もちろん恋人や夫婦ならまた別の意味もありますが、関係の浅い人の場合の腕組みは「心許さない」とか、「立ち入らせない」「関係したくない」「興味がない」という意志が見えてきます。

そんなときには諦めることも大切かもしれませんね。

二人きりと多人数とでは態度が違う

二人きりと多人数とでは態度が違う

多人数で話しているときには、自分とはあまり会話がなくても、二人になったら会話が弾むなら、それはもう良い関係と考えられます。

周りの人に興味のないそぶりをしているのはあくまでもポーズです。特に男性の場合はプライドもあるので、付き合いが決まるまでは人に悟られたくないというのが本音のようですね。

しかし逆に女性の場合は多人数がいると、全体の雰囲気で話をしようとしてくることも。何人かで話したときの態度は男女によっても違うと言われそうです。




女性は態度が急変する

女性の場合、親しく話していてもちょっとした話題によっては態度がガラッと変ることもあります。

自分の気に入らない話題、触れられたくない話題になると態度を一転させる女性は意外と多いものです。

だからといっても嫌い避けとは限りません。ただし気持ちがコロコロ代わりやすい女性は、男性を翻弄させてしまいます。

そんな翻弄も楽しいと思えれば、是非アタックしてみましょう。

好きな人の6つの態度から相手の本音を探ってみよう!

男性は相手が可愛くて意地悪をする

男性は小学生の頃から「好きな女子に嫌われることをわざとする」という傾向があります。女性は小学生でも好きな男子に好かれることしかしないので、男女の違いがはっきりしてくるようです。

大人になっても、照れ隠しと好意が混ざると、ちょっと意地悪なことを言ったり、女性にとっては好きな女性には言わないだろうと思うようなことを言ってしまうもの。

男性と女性はその辺が違うことを理解しておきましょう。

男性はできるだけそのようなことは女性の誤解を生むことなので避けるように。

女性はそれを逆に好意のかたちと取ってもいいでしょう。

男性は好意のない女性にはかかわりません。どのようなかたちでもかかわってくるのは好意があるからと考えられるのです。

「うわっ!ドン引きだわ…」男性が女性不信になるポイント4選

まとめ

以上、好き避けと嫌い避けはいろいろな立場で違いがあります。

しかし相手の気持ちをちょっと深読みすると、意外と見えてくるものではないでしょうか。

これで行け!好きな人を振り向かせたい時にすること5選







  関連記事