*

彼氏のモラハラに屈しちゃダメ!自分を守る方法を知っておこう!

   

彼氏のモラハラに屈しちゃダメ!自分を守る方法を知っておこう!

「モラハラ(モラルハラスメント)」といいうのはご存知でしょうか?

モラハラとは言葉や行動などによって心を傷つける行為のことで、「精神的暴力」のことです。

では、モラハラをする人や、される人の特徴はあるのでしょうか?

また、被害を避けるにはどうしたらいいのでしょうか?

最近何かと話題のモラハラですが、パワハラと違い、暴力という目に見えやすい・体に感じやすい被害ではなく、精神的に追い詰められることが多いため、意外と被害を受けている人自身が気づいていないこともあります。

あなたの彼氏は「モラハラ彼氏」ではありませんか?

モラハラ彼氏にありがちな言動とその特徴、被害から逃れるための方法をご紹介します。

最初は優しくとてもいい人

モラハラをする男性というのは、世間体を非常に気にするタイプが多く、付き合う前や付き合い始めはとにかくマメで優しいことが多いようです。

彼女に優しくする自分、大人で格好いい自分というのを周囲の人間に知ってもらい、いかに優れた人間であるかのアピールの為にそのような行動を取ります。

基本的には頭の回転が速く、理性的で賢い人なので、周囲も全く異常性のある人間だとは思っていません。

職場でも問題行動などは起こさず、むしろできる男であったり、コミュニケーション能力に長けた人間であるという特徴もあります。

相手を落として落として落とし続ける

相手を落として落として落とし続ける

モラハラ彼氏の特徴として大きいのが、とにかく相手の立場を落とすようなことばかり言うという点です。

人間の心理として、相手が人間的に立派であればあるほど、例えその指摘が常軌を逸したものであったとしても、言われた方から見ると「悪いのは自分」となってしまいます。

そこに付けこみ、自分の思ったように扱うというのが常套手段なわけですが、モラハラ彼氏からみて相手を落とすタイミングはいつだってかまいません。

ちょっとした言い間違い、勘違い、ニュースを見ていて知らないことがあったら、小さなポイントでとことん貶します。

こういったことが精神的な暴力に繋がってきます。

自分が絶対!非を認めない

自分が絶対!非を認めない

自分がミスをしたとしても、モラハラ彼氏はまずそのミスを認めて謝ることはありません。

言っていることが矛盾していたり、コロコロ変わるのもこういった男性の特徴で、そのたびに彼女は振り回され、悪くもないのに謝らなければいけなくなります。

そして、人を認めるどころか、世間的に見て間違ったことでも自分の世界観が絶対。

「こうに決まっているだろう!」

「そんなことも知らないなんてお前はバカだ!」

そんな風に罵るような言葉で攻めることもあるのです。

激しすぎる束縛

激しすぎる束縛

結婚しているわけではなくただの恋人であったとしても、相手の世界を狭くするために働くことを禁止したり、異性との繋がりに異常に固執して友人関係さえ絶たせようとすることがあります。

スーパーのレジで異性の店員に愛想笑いをした、その程度のことでも激高し、相手を罵り恐怖で支配しようとするのです。

それがひどくなると、自宅から数十分おきに電話をかける事など、自分勝手なルールを作って束縛する男性もいます。

繰り返すうちに段々と思考能力が低くなっていき、いつでも逃げ出せるのに逃げるという選択肢を選べなくなるのが恐ろしいところです。

まさに洗脳に近いかもしれません。

あまりに酷いとストーカーにもなりますので気を付けておきましょう。

自分の状況を客観的に考えよう

元々とても優しく、しかも普段は外では常識的な良い人であるため、おかしな状況であっても「すべて自分のせいで彼氏が怒っているんだ…」そんな風に考えるようになってしまいます。

そんな状態が続くと相手に支配されているのが普通になり、どんどん悪化していくことは間違いありません。

まずは自分の置かれた状況を冷静に考え、少しでもおかしいと思ったら信頼できる人に話を聞いてもらうべきです。

「でも、彼が正しいから…」という思い込みは捨て、自分にとってベストなのはどうなることなのか?を考えてみて下さいね。

相談窓口を調べておく

相談窓口を調べておく

モラハラはモラルによる精神的な攻撃のため、DVと分けて考えがちですが、DV相談を受けているところであれば大抵は相談を聞いてもらうことが可能です。

中でも婦人相談所・女性センターという施設では、相談だけではなくカウンセリングや、状況によって一時保護など困っている女性の力になってくれます。

全国各地にありますので、一度自宅から一番近い施設に電話してみるのもいいでしょう。

まとめ

徐々に相手の心を折っていくことで、自分に逆らわないよう洗脳していくのがモラハラ彼氏のやり口です。

そうするとモラハラ被害者の女性は、「暴力を振るわれたわけじゃないし…」と、今の状況に疑問を抱いていても相談することを躊躇ってしまう傾向にあります。

言葉の暴力も、十分立派な暴力です。

これを忘れず、自分を守るためにも今の生活を見つめ直し、改善が必要であれば勇気をもって行動することが大切です。

彼氏・彼女と別れたい理由は?それぞれの立場から参考に!

彼氏から『可愛い彼女だな』と思われる瞬間9選




  関連記事