*

色気がある女性の髪型『ショートボブ』のヘアカタログ

      2016/01/13

色気がある女性の髪型『ショートボブ』のヘアカタログ

女性の憧れの髪型『ショートヘア』

ショートヘアは女性の憧れの髪型でもあります。でも、なかなか思い切ってバッサリなんていけないですよね。

そうなんです、ショートヘアは頭の形が思いっきり反映されてしまう髪型です。そのため、似合う人と似合わない人が出てきてしまうのも事実です。

ビシッっと決まった時はそりゃもう誰もが振り向くのもショートの魅力。ハイリスクハイリターン。これから『思い切ってショートヘアにしてみたい!』と思っている方は参考にしてみて下さい。

ところでショートヘアって?

まずショートヘアの定義は、これ!っていう決まりはありませんが、目安としてはアゴ付近より短い髪型を総称してそう呼びます。

その中にもベリーショートがありますが、男性のような短い髪を指します。そこまで短くする女性はなかなかいないかもしれません。

女性のショートヘアと言えば男性のようなレイヤースタイルではなく、丸みとボリュームのあるボブが一般的なものになります。

ボブは今ではモテる髪型の定番に

最近では、彼女にしてほしいと思われる人気の髪型ランキングでは、ボブが上位に上がってくるようです。

ボブは10代や20代はもちろん、30代でも40代でも似合う髪型と言われ、その髪型にする女性は増えております。

男性から見ると、ボブにしている女性は知的な感じなのに色気が見えるらしく、しっかりしてそうなイメージも持てて好感度が上がるのだそうです。

そのためモテる髪型として美容院でもボブにしてほしいと言う要望が増えてきているのだとか。

昔はストレートのロングヘアの女性が好まれると思われていた時代がありました。

今でもそれがモテる髪型なのではないかと思い込んでいる女性もいたりしますが、今は必ずしもロングヘアがモテる髪型となっているわけではなく、ショートでも可愛く着飾る女性は好感を持つことができるということなのです。


とくに前髪が長めの斜め前髪のボブは可愛いのに大人っぽい印象を与えられ、そこから耳に髪をかけると少し心に伝わるものがあると男性の声も出ているのだそうで、そこはちょっとしたアピールポイントとなるかもしれません。

ボブにすると、髪にボリュームがもともとある人はふわっとした感じに見せられることがありますが、髪にあまりボリュームのない人ですと、ひと手間かけて髪をアレンジする必要が出てくることがあります。

カールドライヤーを利用してふんわりボリュームをつけたり、ワックスを利用して髪の向きを整えたり、ほかにもカチューシャをつけてかわいらしく見せたり。

少し編みこみをして顔をハッキリ見せたり、また美容院でパーマをしてボリュームを出してもらうとさらに良い印象を与えることができるようになります。

女性は髪型を変えるだけで色気などの印象も変わってくるものです。

ずっと同じ髪型で通してきた人は、180度違う髪型を変えることは勇気がいることだと言う人もいますが、イメージチェンジをすることによって自分に自信がつくこともあります。

自信がつくと積極的に色気のオーラを出すこともできるし、その髪型からどのようなファッションが似合うのかショッピングをするのも楽しくなったり、徐々に良い自分へと成長できるようになってくるのです。

知的で色気を感じるショートボブ

今まで好きな髪型にして過ごしていたんですけど、恋人がいない期間が2年以上になってしまい色気もなくなってきてしまったような気がして、そろそろ恋人が欲しいところなので、イメチェンすることにしました。やっぱり女性だしモテたいなとも思うようになりました。

それまでは、わりと色気も感じないようなスタイリッシュな感じにしていたというか、同性受けが良いスタイルにしていたんですけど、モテるためにはもう少し女性らしいふんわりとした印象を与えるようなスタイルにしたほうがいいと思ったので、まずは髪型から変えていくことにしました。

ファッション誌を読みながら、最近のモテる髪型って何だろうと情報収集していたところ、ショートボブは知的で色気がある髪型だという自分なりの結論に達しました。

ロングやセミロングで、ふわふわのパーマをかけるのもモテると思うのですが、そういった髪型をしている女性って街中にたくさんいますし、量産型なんて言われちゃったりしていますよね。笑

それだとあまりにも狙っているような感じがしてしまうので、どうせなら知的なイメージのあるショートボブのほうがいいと思いました。

ショートボブにしてみた結果…

というわけで、思い切ってボブにすることにしました。

カラーリングもしていなかったんですけど、黒だとクール過ぎるというかエッジの効いた印象を与えてしまうような気がしたので、柔らかいイメージのあるブラウンにしてみようと思って、同時にヘアカラーもしてもらったんです。

そうしたら、自分でもびっくりするほどに変わることができて、まるで別人のようになりました。

ショートボブにするとこんなにイメージが変わるとは思っていなかったので、最初は鏡を見るたびに少し違和感を感じていたのですが、異性からも同性からも褒められるようになってすごく自信がつきました。

たった髪型をショートボブに変えただけなのに、自信がつくなんて本当に嬉しいことです。

今まで自分に自信を持ったことなんてなかったし、可愛いものは似合わないと思っていたフシがありました。今回は本当に勇気のいるイメチェンだったんですけど、やってよかったなと思います。

髪型をショートボブにしたのでそれに合うようにメイクも変えることになったのですが、今まであまり取り入れてこなかったピンクやオレンジ系のアイテムを取り入れるようにして、毎日メイクすることも楽しくなりました。

ファッションももちろん少し色気のあるものを選んでいます。ぜひあなたもチャレンジしてみて下さい。


ボブは色々なアレンジができるヘアスタイル

そして一言にショートと言ってもヘアスタイルはいろいろあります。大きく分けるとトップの長さを長く残すか短く残すかで与える印象は大きく異なってきます。

サロン用語でトップの長さを残すカットをグラデーションカット、トップを短くすることをレイヤーカットと言います。

他にもパーマをかけたり、襟足やサイドを刈り上げたり、前髪やサイドは長めに残したショートボブだったり、いろんなアレンジがあってそれぞれに見た目の印象は変わってきます。

では、いろんなショートヘアを見ていきましょう。

【襟足長めのショートボブ】

【襟足長めのショートボブ】

ベリーショートはまるで男の子のような髪型ですが、女性のは男性とは違ってどこかに必ず丸みがあります。丸みのあるシルエットで女性らしさを作っているのが特徴です。

このモデルさんは顔が小さいのでとてもよく似合っていますよね。

頭の形も綺麗です。全体的には丸いシルエットで柔らかさを出し、襟足を直線的なラインで長めに残してメリハリをつけています。

ヘアカラーはブリーチMAXぐらい明るくすることによって、髪の動きと柔らかさを演出しています。

マッシュルームをベースに後頭部をウルフにしているショートボブのヘアスタイルです。

【グラデーションボブ】

このヘアスタイルは『グラデーションボブ』略して『グラボブ』という典型的なヘアスタイルです。

美容学生が受験する美容師になるための試験にも出てくる基本的でありながらも、いつの時代も人気のある髪型のひとつです。

いくつか種類があって、横から見た時に毛先のカットラインが『水平』なのか『前あがり』なのか『前下がり』なのかでイメージは大きく異なります。

例えば前下がりであれば、前の方の髪が長く後ろが短くなります。それにより知的でクール、シャープなイメージとなります。

逆に前上がりであれば、丸みのある柔らかい優しいイメージとなります。

まったく逆の雰囲気になるのです。

ちなみにこのモデルさんは水平ラインのグラデーションボブです。安定感のある落ち着いた大人な雰囲気にピッタリのヘアスタイルです。

【前下がりボブ】

先ほど説明した前下がりバージョンです。後ろが短く前が長いボブです。前髪を作っていないため、顔の見える範囲がとても狭くクールな印象です。

某アニメの鬼太郎もこのヘアスタイルです。それにしてもこれぐらい髪を明るくしてあると、まったく感じませんね。毛束感を出して髪の動きを強調したい時は髪を明るくするといいです。


【刈り上げショートボブ】

【刈り上げショートボブ】

上の髪が長くて下が短いグラデーションボブですが、襟足やサイドは刈り上げるぐらい短くしています。

フロントに長さが残っているためクールな印象は強く残っていますね。このヘアスタイルはワックスなどでスタイリングすれば、男性の髪型に近いです。

【ボブの毛先パーマ】

【ボブパーマ】

またしてもグラデーションボブですがこれはちょっと極端なパーマですね。この画像はとても分かりやすいのであえて掲載しましたが、ボブにパーマをかけるとこのようになります。

ただ、根元から全体にパーマをかけるのと、このヘアスタイルのように毛先だけにパーマをかけるのでイメージは異なります。

【マッシュルームボブ】

【マッシュルームボブ】

ヘルメットのような、きのこのような…笑

このようなボブをマッシュルームボブといいます。カットはラウンドグラデーションという技法でカットします。

見るからに丸いシルエットになります。可愛らしいイメージといえばこれですね。

昔のアイドルに多い髪型ですが、最近また流行り出しました。男性の髪型でたまに見かけますよね。

見た目がシャープで綺麗めな女性であればクールにカッコよく決まります。

顔を包むようなヘアスタイルは『求心的』といって、コンサバ(保守的)です。おとなしめのイメージになります。

その逆は『開放的』で、顔周りを大きく開いたヘアスタイルを指します。例えば後ろに流しているのがそれにあたります。アクティブで元気なイメージになります。

【ゆるふわボブパーマ】

【ゆるふわボブパーマ】

軽くしたボブに根元から近いところから全体にパーマをかけています。

パーマというよりはアイロンですね。

流行りの髪型『ゆるふわパーマ風』にする髪の毛の巻き方

これだけ大きなカールを出すにはパーマではちょっと厳しいです。

このモデルさんだからこそのヘアスタイルと思って下さい。パンク系のバンドをやっている人にはいいかもしれませんが…

ショートボブまとめ

いかがでしたか?ショートボブには女性の色気を感じますよね。

女性のショートヘアにもいろんなアレンジやバリエーションがあります。でも大きく分けるとそのほとんどがグラデーションボブです。

前下がりか前上がりかそしてレイヤーが入っているか入っていないかの違いでしかありません。あとはパーマをかけるだけでヘアスタイルは大きく変わります。

意外とヘアスタイルの構造は単純に出来ているのですが、髪の長さによってかなりイメージに違いが現れる繊細なデザインです。

ぜひ自分のイメージに合うヘアデザインを探してみて下さい。

当たり前のように呼んでるけど、髪型の『ボブ』って何?




  関連記事