*

一度振られたら諦めちゃう?好きな人へ二度目のアプローチや告白の仕方

      2016/11/18

一度振られたら諦めちゃう?好きな人へ二度目のアプローチや告白の仕方

勇気を出して告白したけど振られてしまった…。

でも、どうしても諦めきれない!

まだちょっとでもチャンスがあるなら諦めたくない…。

そんな時、二度目のアプローチや告白はどのようにしたらいいのでしょうか?

やはり二度目となると色々と考えてしまいますよね。

一度断られているという現状があることからも、間違っても、相手にしつこいと思われないようにすることが一番大事です。

あまりにしつこくせまると、もう二度と仲の良い状態に戻れなくなる恐れがあります。

今回は、二度目のアプローチの仕方や告白の方法を、振られたパターン別にご紹介します。




恋愛どころじゃない

仕事や学業などで打ち込みたいことがあって、それが自分にとってとても重要である。そんな時は恋愛に目が行かない場合もあるでしょう。

そんな理由を元に告白を断られた場合は、相手の気持ちが落ち着くまで少し待ってみることをおすすめします。それはタイミングによって結果が大きく変わることもあるからです。

付かず離れず、タイミングを見計らう。

あまり好きな気持ちを前面に出しすぎず、ちょっと差し入れをする、さりげなく相手がやっていることを褒めるといったくらいの、控えめな態度の方が邪魔にならず好印象です。

本当に忙しい時に、一度断った相手から好きだとアピールされても、逆に放っておいてほしいと感じる方は少なくありません。

あなたが気持ちを伝えたいのはわかりますが、相手にもタイミングというものがあります。なかには、タイミングさえ合えば簡単に付き合えたのに、ちょっとしたタイミングが合わなかったために振られてしまうという人も少なくありません。

まずは一歩引いて、いかにタイミングを見極めていくかがポイントになります。

相手が頑張っているなら真面目な人である可能性も高いでしょうから、自分も同じように何かを頑張ってみましょう。

一度告白している分、相手も少しはこちらの行動を気にするはずです。




少し時間をあけてからタイミングを見計らって「頑張っているあなたが好きです」と、相手の努力や成果を認める言葉を含めて告白すれば、成功率もアップしやすくなるのではないでしょうか。

また、相手が落ち着くまで待っているという選択もありますので、そのことを伝えても良いかもしれませんね。

相手があなたのことを気にしているならば、待っててくれてる人がいるということで、心の救いになるかもしれません。一途に伝えるのもオススメです。

失敗したら終わりだよ?告白なんて簡単にするもんじゃない!?

友達でいたい

友達でいたい

あなたのことは好きだけど、友達のままでいたい。

これはイコール「異性としてみれない、あなたは恋愛対象じゃありませんよ」、ということをオブラートに包みつつはっきり言われているのと同じです。

特に実際に友達として仲がいい場合は、もう友達以上に見えなくなってしまっている可能性があります。友達と恋愛対象をはっきり分けてしまっている人も少なくありません。

だからこそ、「そこをどう崩していくか?」が2度目のアプローチ、告白のポイントです。

「友達としか見られない」というのは、つまり異性として意識されていないということですので、これは恋愛対象としては致命的なこととなります。

「顔は気にしない」「中身・性格で好きになる」って本当?見た目がタイプじゃない人と付き合ったことがある女性は多いの?

まずは、相手に異性として意識させるために、相手の本能の牙城を崩して行く必要があります。

これは、並大抵のことではありませんが、可能性はもちろんゼロではありません。

ポイントは、異性としての男性らしさや女性らしさというのを意識させる方向で行動しましょう。

女性であれば、例えば服装をスカートメインにして、言葉遣いを可愛くしてみる、ボディタッチを積極的にしてみる…ということだけでも随分イメージが変わってきます。

男性なら頼りがいや男らしさをアピールしたり、女性からみて格下に見られないようにする。ヘコヘコしたり「いい人」になり下がらないことも大切。

優しい人にありがちな、「相手を気遣うこと」ばかりをしていると、男として見られなくなってしまいます。堂々と男らしく、相手に自分が一人の男であることをしっかりと認識させます。

「自分を良く見せたい…」好きな人の前でも自意識過剰にならないで接する方法

相手から見た自分に対する印象を変えていきつつ、「やっぱり諦めきれない!」と素直な気持ちをぶつけましょう。

あまり回りくどいやり方をしていると、「何度もしつこい!」とシャットアウトされてしまうので、あくまでも爽やかに真っ直ぐ伝えることが大切です。

どうしても諦めきれない場合は、今は友達としか見られてなくても、そのうち1人の異性として見てくれる日がくるかもしれませんので、それまで努力をして一途に頑張るのも良いかもしれませんね。

これで行け!好きな人を振り向かせたい時にすること5選

今はそんな気分ではない

今はそんな気分ではない

他に大切なことがあるという理由と似ていますが、恋人と別れたばかりであったり、生活環境が変わったばかりで、恋愛に気持ちが向いていないという振られ方もあります。

これは体(てい)のいい断り方の定番で、その後あっさり他の人と付き合いはじめたりなんていうこともある、中々ハードルが高いパターンです。

こうなってくると、相手から見た「自分の魅力アップ」をさせていくしかありません。

相手がよほど鈍感な人間でない限り、告白というのは振られた方だけではなく、振った方も気まずさを感じるものです。

そんな感情を逆手に取り「全く気にしていないよ、良い思い出ですよ」くらいのあっさりした態度をアピールします。間違っても相手の前であからさまに落ち込んだり暗くなったり、「あなたに振られたことがショックでもう生きていけない」というような自暴自棄の雰囲気を出してはいけません。

それをやってしまうと、相手にとっては「重い」以外のなにものでもありません。

あまり「好き!好き!」と態度に出すと重く感じてしまいますので、「振られちゃったけど大切に思っているよ」くらいの余裕のある気持ちで接するようにしましょう。

そうなれば相手のガードも緩みやすくなり、こちらもさらに積極的に言葉をかけやすくなるものです。二度目のチャンスが巡ってきやすくなります。

そして告白する時には、諦められない気持ちをきちんと伝えます。でも重くなりすぎないように、笑顔を忘れてはいけませんよ。

状況に合わせてしつこいと思われないように気持ちを伝えるようにしましょう。




さいごに

良くも悪くも、1回目の告白で自分を好きだと言ってくれた人を意識し出すため、案外2回目の告白で「その一途さに惹かれてOKした」という人も少なくありません。

どうしても諦められない気持ちは無理に消化せず、相手の迷惑にならないラインを考えながら、気持ちを伝えるための努力をしていきましょう。

また、いくら頑張ってもどうしても無理なものは無理と割り切る気持ちも大切です。特に恋愛においては答えがなく、いくらあなたが努力したところで相手の気持ちは何ともならないこともあります。

相手あってこその恋愛であるため、相手を変えることはなかなかできません。

もし恋愛対象外としか見られていないような場合は、その人ひとりに執着せずに、どんどん次にいきましょう。




  関連記事