*

幸せになりたい?お金がなくても幸せになる方法

      2015/04/04

幸せになりたい!幸せになる方法

お金がなくても幸せになる方法

幸せになりたいけど、お金がないと幸せにはなれないと思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、お金がなくても幸せになる方法はあります。

まず、お金のかからない趣味を作るということがあります。

もちろん、全くお金が掛からないというわけではないでしょうが、自分でコントロールすることが出来ます。趣味を通して、仕事関係などでは出会うことが出来ない人々と購入することが出来ます。

お金以上に価値のあるものを手に入れることが出来ます。趣味を見つけることが出来ない、何から始めれば良いか分からないという場合には、とりあえず何かを始めることから始めるようにしましょう。




周囲の人が行っている趣味があれば、一緒になってやってみるという方法もあります。
幸せになる方法を見付けるためには、損得を考えず充実した人生を送ることを考えるようにしましょう。

また、物事をポジティブに考えるということも重要です。女性の中には、他の人から見ると非常に綺麗で、充実しているように見えていても、その人自身は綺麗ではないと感じているケースもあります。

自分自身の気持ちを変えなくては、何をしても高価な化粧品や美容液を使用しても効果を実感することは出来ません。

幸せになる方法としては、外見を磨くということはもちろんのこと、内面を見つめなおし、自分自身のイメージを変えるということも大切です。

考え方を変えることは、簡単なことではありません。少しずつでもポジティブな思考を身に付けていくことが大切になります。

笑顔は自分自身も他人も幸せにすることが出来ます。鏡を確認しながら、笑顔になる練習をすると良いでしょう。最初は不自然に感じるかもしれませんが、徐々に自然な笑顔を作ることが出来るようになります。

嫌なことがあったとしても、考え方を変えることによってポジティブな考え方をすることが出来るようになります。

心が充実していると、顔にもそれが現れてきます。同じ年齢であっても、見た目が異なるのは考え方によるものも多いのかもしれません。ある調査によると、笑顔の多い人はそうでない人に比べると長生きするという結果も出ています。

幸せになりたいのなら、まずは、笑顔になるという事を心がけて日々を過ごしていくようにすると良いでしょう。




自身が幸せになる方法に決まりはありません

人は、誰でも幸せでありたいと思っているでしょう。

この幸せの定義は、生きている人の数だけ違うのではないでしょうか。仕事に生きることだけに、やりがいを見い出せる方もいれば、結婚して家庭に入り、家族の世話をすることが幸せだという方もいますね。

人が幸せになりたいと感じるのは、個々の心の中にある満足感からくるものが重要になる気がします。

私が世間でいう結婚適齢期に入ったころ、両親も周囲の親族も、早く誰かよい方を見つけて家庭を持ちなさいと言いました。

私には、このよい方とはどういう方をいうのかが、ピンとこなかったのです。

男女の結婚は愛情がなければできないことだと信じていました。

周囲の同年代の友人達も、皆が恋愛結婚をしており、男女が夫婦になるには、いろんな出会いの中から本当に一緒に人生を過ごしてもよい方を、自分の気持ちで選んでいくのが普通なのだという考え方でした。

ただ自分の両親の考え方は、少々違っていました。恋愛だけで結婚生活がうまくいくわけではないと言うのです。

生活力のない男性と結婚しても、いつもお金の心配ばかりしていて幸せになれないので、まずはちゃんとした御勤めの男性でないと結婚は辞めなさいと諭されました。

幸せになる方法は、共稼ぎでも大丈夫でしょうと思うのですが、育った時代の違いでしょうか。両親は親の勧めによる見合い結婚で、子供もできて生活もそこそこでしたので、母にしても見合い結婚は条件が合えば、幸せになる方法だと思えたのでしょう。

現代では共稼ぎの夫婦は圧倒的に多いですよね。子供ができれば学費がかかりますし、よほど高給取りの御主人でないと生活を支えていくことはできませんよね。家計の足しにする為に、女性の方も子育てをしながら働きに出ている方は大勢おられます。

実は、私もご縁があってその後に見合い結婚をしましたが、自分の好きな仕事も続けました。見合いには少し抵抗もありましたが、運よく気の合う方に出会う幸運に恵まれたのです。

仕事に出ることにも反対をしない方でしたので、理解を得ながら仕事も旅も、いろいろとさせてもらえました。子供には恵まれませんでしたが、穏やかに平凡に暮らしています。

幸せになる方法は、例え子宝に恵まれなくても、夫婦だけでも充分に可能なことだと感じています。

幸せになりたいなら、まずは幸せに気付くことが大切です。










  関連記事