*

キスはカップルの最高の愛情表現!するタイミングとその効果は?

      2017/04/17

キスはカップルの最高の愛情表現!するタイミングとその効果は?

自分から相手のことを好きになったり、相手から自分のことを好きになってくれたりして、元々は赤の他人である男女が両想いになり、やがて付き合うことになります。

いくら彼氏彼女の関係になったからと言っても、性格も違えば育った環境も違う、好きなものも嫌いな物も違う、やはり元々は赤の他人であるので、全てを理解し合うことはできません。

そんな二人がお互いに愛し合うためには、愛情表現をすることがとても大切です。

  • 『言ってくれなきゃわからないよ…』
  • 『そんなこと言わなくたって分かってくれるはず…』

お互いに好き同士であっても、それぞれの愛情の表現の仕方は違います。

3大口臭ケアを同時に!薬用オーラクリスターゼロ

『あうんの呼吸』だとか『ツーカーの関係』だなんて言ったりもしますが、特に女性からしたらストレートに表現してくれないと愛情が伝わらないなんこともあるものです。

そしてカップルの愛情表現の方法は様々です。

手を繋いだり、抱きしめたり、腕を組んだり。

恋愛関係にない男女とは違って、触れ合うことはカップル同士の特権とも言えます。

こうした行動をとることで体の距離感はもちろんぐっと縮まりますし、スキンシップを重ねることで不思議と心の距離も縮まるような気がします。

キスはカップルの愛情表現

キスはカップルの大切な愛情表現

キスはカップルの大切な愛情表現のひとつです。

キスは海外ではそれこそ挨拶がわりに使われるほど、シンプルかつスマートな愛情表現の方法ですが、日本はそこまでオープンな文化ではなく、なんとなく人前でするのは憚られますよね。

許されるのは酔っぱらった酒の席か、みんなが祝福ムードの結婚式の時ぐらいでしょう。

それ以外にも路上でカップルがキスしていたり、居酒屋のトイレで堂々と…なんてことも度々見掛けますが、そのような境遇に出くわした人は、見てしまってとても不快な気分になるものです。

日本では、キスやスキンシップなどのカップル同士の愛情表現は、人目に付かないところで行われるのが当たり前であるという価値観があります。

しかし、海外ではキスが文化のひとつであるため、日本のような雰囲気はまったくありません。そのような環境の違いの影響もあり、日本ではキスをすること自体がとても少ないのです。

付き合いたてのカップルの頃ならまだしも、付き合ってある程度してくるとキスをまったくしないというカップルもたくさんいます。

実際に、諸外国では一日平均5回以上もキスをしているのに対して、日本では平均1.3回程度という結果が出たというニュースを耳にしたこともあります。

キスの効果とは?

キスの効果とは?

しかし、キスのその精神的効果は想像以上に大きいということをご存知ですか。

人間の脳内には、幸福感をもたらすオキシトシンという脳内物質が存在します。

最初に言ったような手を繋いだり抱きしめたりというスキンシップは、オキシトシンを分泌すると言われています。

キスもまた、この脳内物質の分泌を促す行動のひとつです。

しかも、体のほかの部位に比べて唇はとても感覚が敏感であるため、脳に与える影響はとても大きいと言われています。

つまり、キスすることはカップルが大きな幸福感を得ることにつながるとも考えられるわけです。

幸せな気持ちになる仕組みが少し理解できた気がしますね。

キスはスキンシップのひとつ!するタイミングはいつ?

キスはスキンシップのひとつ!するタイミングはいつ?

自分とパートナーの場合を考えてみると、日本人の平均よりも回数が多いことがわかりました。

朝起きた時と出社する時、帰宅した時、それから寝る時は必須で、日常の一部になっています。

お付き合いがはじまった頃はキスひとつでも心臓がドキドキして飛び出そうだったのが、今では当たり前のことになり、さほどドキドキしなくなったというのが正直なところ。

残念ながら、お互い人間なので飽きてくるというのはあると思います。

おそらく、日本人のほとんどは、キスをするという行為自体のハードルが諸外国に比べて上がってしまっているような気がします。

キスをすることが、最高の愛情表現であるという位置づけになってしまうと、なかなか気軽にすることはできなくなってしまいます。相手の方もなかなか要求しづらいものです。

諸外国のように、キスがあいさつ代わりであったりスキンシップの一環で有ればもっと抵抗がなくなると思うのですが、一度文化が根付いてしまうとそのハードルを下げることはとても難しいものです。

それでも、思い起こしてみるとキスをすればお互い笑顔になりますし、やはり嬉しいものです。

逆にしないと寂しいような物足りないような気持ちになります。毎日当たり前のようにしているけれど、実は自分にとって大切で欠かせないスキンシップのひとつになっているんだなあと、今更ながら再認識しました。

幸福感をもたらす効果が期待でき、とても簡単に愛情を表現できるキス。

もちろん時や場所を選んで、人目も憚らないような行動は慎みたいものですが、毎日をより幸せに満ちたものにするために、次にパートナーと顔を合わせたときに少し意識してみてはいかがでしょうか。

初デートでキスするのはまだ早過ぎる!?タイミングと場所を見極めよう!

学校では教えてくれない!ディープキスの上手なやり方とは?

【キスの仕方まとめ】種類と意味、直前の口臭対策も!







  関連記事